この世界の片隅に

この世界の片隅に

感想

こうの史代による漫画原作を片渕須直監督がアニメ映画化。

間違いなく、日本アニメ映画史上、いや、邦画史上に残る大傑作だと思います。

舞台は戦争中の広島県。

19歳の浦野すずは広島から呉に住む北條周作のもとに嫁ぐことになります。

慣れない生活に戸惑う中、次第に彼女らの生活にも戦争の影が忍び寄ってくるのです。

原作のトーンを失わない絵柄とテンポで、淡々と戦中の呉の生活が描かれていきます。

そのタッチは非常に軽やかで、想像以上にユーモラス。

すずのおっとりした性格もあって舞台が戦中であることを忘れそうになるし、物がない時代であっても人々の生活には笑いもあったことが確かに描かれます。

しかし後半に進むに従い、すずの生活からは彼女の大事にしていたものがどんどん奪われていきます。

晴美も、絵も、絵を描くための腕も、奪われていくのです。

そして物語は終戦に近づいていきます。

映画を見ている我々は昭和20年8月に広島に何が起こるかを知っています。

映画の時間がそこに向けてカウントダウンしていくに従い、見ている側の鼓動は早くなっていきます。

NHKテレビ小説「あまちゃん」でも同じような感覚を覚えました。

あのドラマは東日本大震災に向けて物語が進む中、やはりどこかコミカルに進む物語や登場人物たちが辿る運命に胸騒ぎを覚えました。

そのドラマに主演していた能年玲奈(のん)が本作ですずの声をあてているのは決して偶然ではないと思います。

原作ではコマの枠外に注釈として書かれていた当時の状況や風俗などの付属情報が映画の中では殆ど説明されません。

なので、見ていて今の時代の常識から考えると違和感を覚えたり理解できない場面がしばしばあります。

そこに関しては原作や公式ガイドブックで補填しながら、何度も繰り返し見るべき作品だと思います。

ひとつ言うと、物語の大きなテーマとしては当時の女性が嫁に入るということはどういうことか、ということだと思います。

すずも、周作の母親が病に倒れたために家事の労働力として必要とされていました。

当然、家の跡継ぎを産むことも期待されるでしょう。

しかし劇中ではすずには子供はできず、右腕を失ったことで労働力としても使えなくなってしまう。

立場としては何のために嫁に来たのかわからない、針のむしろだったでしょう。

そういった状況が実は細かい台詞の端々や絵で描かれていることが、後から気づくのです。

水原哲が北條家を訪れたことの意味や遊女・りんとの関係など、考えて語りたくなる要素が他にもたくさんあります。

そしてラストに訪れるほのかな希望。

エンドロールの間、私は嗚咽に近い涙を流していました。

ブルーレイが出れば今後も何度も見る作品になると思います。