キャリー

キャリー

感想

1976年のオリジナル版のキャリーを演じたシシー・スペイセクが良いに決まっている!という先入観を持って鑑賞しましたが、クロエ・グレース・モレッツが演じるキャリーもなかなか新鮮でした。

惜しいなと思うのは彼女が結構可愛らしくて、妙に同情してしまう所です。

またこの人はあんまり苛められないなと直感的に思わせる何かがあり、シシー・スペイセクがあの映画の中で見せる妙な嫌われ者感が薄いなと思いました。

シシー・スペイセクは、苛められるシーンでも恐怖の表情を観ているだけで怖いです。

観ていて不気味と言うか、もうそこからホラーが始まっているという感覚です。

クロエ・グレース・モレッツは恐怖よりも喜怒哀楽の哀の表情が時折見え隠れする様な気がしました。

ストーリー序盤のシャワー室でのシーンで、スマホで動画を撮るいじめっ子が現れたのにはハッとさせられました。

おそらく今の時代にキャリーを初めて観る人からすれば、この方がリアリティがありキャリーという作品が伝わりやすいのではないかと思います。

また本作はキャリーの母親がキャリーを産み落とす所から始まっていて、しょっぱなからかなりのホラー感があって良いと思いました。

母親役は、ジュリアン・ムーアが演じています。

特に彼女がキャリーのプロムへの参加をいちいち妨害するシーンは、名演技だと思いました。

妄信的な信者でもあり、娘の幸せを願えない不幸な母親の空気感が良く出ていると思います。

1976年のキャリーと比較して、全体的に悪役はより憎らしく良い人はより優しく描かれていた様な気がします。

また本作ではキャリーがプロムで体育教師を殺さない事や、スーに大切な事を伝えるシーンなどがあり、分かりやすく道徳的に描かれていると思いました。