ピクセル

ピクセル

感想

この映画には、昔懐かしいたくさんのゲームキャラが出演していると知り、ゲーム好きな私は即刻見ることを決めて見に行きました。

事前に予告されていたように、パックマンやドンキーコングといった今の若い人の間でも知名度の高いものから、フロッガーやスペースインベーダーまで登場しているため、ゲーム好きな人ならば年齢問わず楽しめる内容であるなと感じました。

始終映画のスクリーンを凝視しながら、自分の知っているキャラクターが出るたびに歓喜し、知らないキャラクターでも「こういうゲームがあったのか」と知ることができて非常に楽しかったです。

特にQバートというキャラクターの動きがコミカルで非常に可愛らしく、元ネタであるゲームをやろうと思うほどでした。

簡単なあらすじとしては、少し社会から外れてしまっているゲームオタク達が、ゲームのキャラクターに姿を変えた異星人達の地球侵略を阻止する為に、ゲームの知識を駆使して戦うといったものです。

ゲーム好きな方は勿論面白い内容ではあると思いますが、ではゲームをやらない方は見ていてつまらないのかと思うとそういう訳ではなさそうでした。

というのも、ゲームを全くやらない友人と一緒に観に行ったのですが、主人公やその仲間のゲームオタクたちが交わすジョークの応酬に、その友人も良く笑っていたからです。

その辺りは流石アメリカの映画だなと思いましたが、それを抜きにしてもゲームオタク達のリアルな姿や、人間味のある掛け合いは、観ていて非常にテンポが良く面白いものでした。