不能犯 映画フル動画を無料視聴

映画「不能犯」のフル動画を無料視聴できるのか?徹底調査してみました。違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴しましょう。

不能犯

映画「不能犯」のフル動画を視聴できる動画配信サイトを調べて見ました。

違法動画ではなく正規配信の高画質動画サイトのみをご紹介しています。

TSUTAYAディスカス500円
FODプレミアム500円
auビデオパス500円
U-NEXT540円
ビデオマーケット432円
dTV400円

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

まず、分かることは映画「不能犯」を無料で配信しているサイトは無いということ。

サイトごとに料金が違いますが、レンタル視聴料金は400円〜540円であることが分かります。

さて、ここでポイントとなるのは初回登録時にボーナスポイントがもらえるサイトがあるということです。

ボーナスポイントがもらえるのは以下の3つのサイトです。

ボーナスポイントがもらえるサイト

さらにどのサービスも登録してから約1ヶ月のあいだ無料で利用できるのです。

つまりTSUTAYAディスカスU-NEXTなら、無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「不能犯」のフル動画を合法的に無料で視聴できる

というわけです!

また、auビデオパスも無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「不能犯」のフル動画をお得に視聴できる

というわけです!


TSUTAYAディスカス

無料期間:30日
初回登録時に1080ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
動画数:85,000本以上
TSUTAYAのほぼ全ての動画

>> 公式サイトはこちら <<

FODプレミアム

初回1ヶ月無料
月額888円
動画数:1,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

au ビデオパス

無料期間:30日
初回登録時に540コインもらえます。
無料期間終了後:月額562円
動画数:10,000本
au IDをお持ちなら断然オトク

>> 公式サイトはこちら <<

U-NEXT

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら <<

ビデオマーケット

初月無料
無料期間終了後:月額500円 or 980円
毎月540ポイントがもらえます
動画数:160,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

dTV

無料期間:31日
無料期間終了後:月額500円
動画数:120,000本以上
なんといっても料金の安さが特徴!

>> 公式サイトはこちら <<

不能犯 映画 動画 無料 視聴

Youtubeでは映画「不能犯」の予告動画が無料で視聴できますのでチェックしましょう!

映画『不能犯』本予告


(FilmIsNow Movie Trailers International)


映画『不能犯』本予告


(showgatetrailer)


映画『不能犯』30秒予告


(showgatetrailer)


『不能犯』特報30s


(showgatetrailer)


『不能犯』メイキング映像:かわいい沢尻さん感染編


(showgatetrailer)

不能犯 キャスト

監督:白石晃士
脚本:山岡潤平
白石晃士
原作:『不能犯』
(原作・宮月新 / 画・神崎裕也)
制作会社:ファインエンターテイメント
製作会社:「不能犯」製作委員会
配給:ショウゲート

配役:

宇相吹正 – 松坂桃李
多田友子 – 沢尻エリカ
百々瀬麻雄 – 新田真剣佑
川端タケル – 間宮祥太朗
赤井芳樹 – テット・ワダ
若松亮平 – 菅谷哲也
前川夏海 – 岡崎紗絵
木村優 – 真野恵里菜
羽根田健 – 忍成修吾
木島功 – 水上剣星
羽根田桃香 – 水上京香
櫻井俊雄 – 今野浩喜
西冴子 – 堀田茜
夢原理沙 – 芦名星
夜目美冬 – 矢田亜希子
河津村宏 – 安田顕
鳥森広志 – 小林稔侍
加島夏美 – 永尾まりや
矢崎太一 – 鈴之助
風間雅之 – 森岡豊
荒川晋平 – 松本享恭
上野琢巳 – 松澤匠
箕輪修 – タイチ
看護師 - 松元絵里花

不能犯 映画 感想

感想

本作は、「貞子VS伽椰子」で有名な白石晃士が人気漫画を映画化したものです。

主役は松坂桃李さん演じる宇相吹正です。

人気漫画原作という事もあり、娯楽映画としてとても楽しめる作品でした。

しかし、主役の宇相吹正は人間を弄ぶ薄気味悪い笑顔をする(不気味ながらも松坂桃李さんが演じているので格好よさがあるのがスゴイところ!)悪魔より悪魔らしい極悪非道な人物である為、共感が一切できない主役となっています。

彼は人から依頼を受けて殺人を行うのですが、「デスノート」のように直接手を下す事なく殺人を実行します。

しかし、殺す相手はデスノートや必殺仕事人のように悪人を対象にするわけではなく、善悪構わずに誰でも殺します。

しかも、善人を殺しても「愚かだね人間は」などと口にする超一級の危険人物です。

そんな彼に相対するのが、沢尻エリカさん演じる多田友子という刑事です。

実は、原作漫画ではこの刑事は男性だったのですが、製作陣の英断によって女性になりました。

なぜ英断なのか。

それは、主役のあまりの悪役っぷりに映画全体がかなり殺伐としてしまっている為です。

しかも、原作の宇相吹にはコミカルな一面があったのですが、それを全て廃してしまっているので殺伐感に拍車がかかっています。

この殺伐とした重苦しい世界に、沢尻エリカさんという清涼剤を投入した事で視聴者を癒してくれます。

殺伐としすぎる世界が得意でない人が映画「不能犯」を見て思う事は、「沢尻エリカさんがいてくれて良かった!」になる事間違いなしです。

感想

夜の電話ボックス、女子高生の噂話が印象的な予告を見た時に、見たいと思った作品です。

前半は、淡々と色んな事件が続きます。印象深かったのは、宇相吹正(松坂桃李)が取り調べを受けた際に、夜目美冬(矢田亜希子)にマインドコントロールをかけた所です。

腕が蚯蚓腫れのようになり、お風呂に入っている時にその腕が気になって、気になって、自分自身で腕を傷つけるシーンがとても、怖く、痛く、思わず目を背けてしまいました。

多田友子(沢尻エリカ)と宇相吹の最初の対峙するシーンも良かったです。

勝気で余裕たっぷりの宇相吹に、必死で食らいつく多田の情熱を感じました。

多田には、宇相吹のマインドコントロールが効かないのも驚きでした。

多田には心を許せる人、川端タケル(間宮祥太朗)と百々瀬麻雄(新田真剣佑)も居て、多田の穏やかな表情が見れて映画の中でのホッと一息つける場面もあります。

最後の事件として、爆弾魔との対決があるのですが、そこも二転三転してとても良かったです。

爆弾魔と多田との対決、爆弾魔と宇相吹の対決、先の読めない展開にハラハラドキドキしました。

宇相吹の口癖に、「愚かだね、人間は。」という言葉があるのですが、映画の最後も彼の言葉で締めくくられます。

その時の彼の言葉は、今までの言葉とはまた違う印象を受けました。

どこか人を見下し諦めているように見える宇相吹ですが、本当は浅ましい人間の欲望をどこかで許してくれていたのではないかと思いました。

不能犯の映画動画をフル無料で視聴できるか?

もう一度、映画「不能犯」の動画が配信されているサイトをまとめておきます。

映画「不能犯」の動画を見るなら、

TSUTAYAディスカスauビデオパスU-NEXTがおすすめです。

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。