デッドプール 映画フル動画を無料視聴

映画「デッドプール」のフル動画を無料視聴できるのか?徹底調査してみました。違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴しましょう。

デッドプール

映画「デッドプール」のフル動画を視聴できる動画配信サイトを調べて見ました。

違法動画ではなく正規配信の高画質動画サイトのみをご紹介しています。

TSUTAYAディスカス300円
FODプレミアム300円
auビデオパス200円
U-NEXT324円
ビデオマーケット216円
dTV300円

※ 本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

まず、分かることは映画「デッドプール」を無料で配信しているサイトは無いということ。

サイトごとに料金が違いますが、レンタル視聴料金は200円〜324円であることが分かります。

さて、ここでポイントとなるのは初回登録時にボーナスポイントがもらえるサイトがあるということです。

ボーナスポイントがもらえるのは以下の3つのサイトです。

ボーナスポイントがもらえるサイト

さらにどのサービスも登録してから約1ヶ月のあいだ無料で利用できるのです。

つまりTSUTAYAディスカスU-NEXTなら、無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「デッドプール」のフル動画を合法的に無料で視聴できる

というわけです!

また、auビデオパスも無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「デッドプール」のフル動画をお得に視聴できる

というわけです!


TSUTAYAディスカス

無料期間:30日
初回登録時に1080ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
動画数:85,000本以上
TSUTAYAのほぼ全ての動画

>> 公式サイトはこちら <<

FODプレミアム

初回1ヶ月無料
月額888円
動画数:1,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

au ビデオパス

無料期間:30日
初回登録時に540コインもらえます。
無料期間終了後:月額562円
動画数:10,000本
au IDをお持ちなら断然オトク

>> 公式サイトはこちら <<

U-NEXT

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら <<

Hulu

無料期間:2週間
無料期間終了後:月額933円
動画数:50,000本

>> 公式サイトはこちら <<

ビデオマーケット

初月無料
無料期間終了後:月額500円 or 980円
毎月540ポイントがもらえます
動画数:160,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

dTV

無料期間:31日
無料期間終了後:月額500円
動画数:120,000本以上
なんといっても料金の安さが特徴!

>> 公式サイトはこちら <<

デッドプール 映画 動画 無料 視聴

Youtubeでは映画「デッドプール」の予告動画が無料で視聴できますのでチェックしましょう!

デッドプール 日本版本予告(90秒)


(20thFOXjp)


デッドプール 特報


(20thFOXjp)


デッドプール 日本版予告(60秒)


(20thFOXjp)


映画「デッドプール」RedBand予告


(20thFOXjp)


デッドプール 海外版予告(2分50秒)


(20thFOXjp)

デッドプール キャスト

監督:ティム・ミラー
脚本:レット・リース
ポール・ワーニック
原作:ファビアン・ニシーザ
ロブ・ライフェルド
製作会社:20世紀フォックス
マーベル・エンターテインメント
ザ・ドナーズ・カンパニー
配給:20世紀フォックス

配役:

ウェイド・ウィルソン / デッドプール – ライアン・レイノルズ(加瀬康之)
ヴァネッサ – モリーナ・バッカリン(林真里花)
フランシス・フリーマン / エイジャックス – エド・スクライン(浜田賢二)
ウィーゼル – T・J・ミラー(佐藤せつじ)
エンジェル・ダスト – ジーナ・カラーノ(行成とあ)
ブラインド・アル – レスリー・アガムズ(一柳みる)
ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド – ブリアナ・ヒルデブランド(嶋村侑)
コロッサス – ステファン・カピチッチ(木村雅史)
ドーピンダー – カラン・ソーニ(影平隆一)
リクルーター – ジェド・リース
ボブ – ロブ・ヘイター

※ 括弧内は日本語吹替

デッドプール 映画 感想

感想

マーベルコミック原作の映画化ですが、シリーズとしては『アベンジャーズ』系ではなく『X-MEN』の流れの作品です。

マーベルの映画としては格段に低予算で作られているようですが、面白いです。

全編しゃべり倒すライアン・レイノルズは原作のテイストをそのままにキャラ化していますし、所謂「第四の壁」を破って観客に語りかける手法も実に巧妙です。

その中には役ではなく現実のライアン・レイノルズのことを自虐したネタなどもあり、第四の壁だけでなく虚構と現実の間も自由に行き来するメタフィクション的なやり方を取っています。

例えばデッドプールがX-MENのリーダーであるプロフェッサーXに会え、と言われるシーンでは「どっちの方?パトリック・スチュアート?ジェームズ・マカヴォイ?」という台詞があります。

これは『X-MEN』シリーズでプロフェッサーXを演じた俳優が二人いることをいじったネタなのですが、そういう元ネタを分かってるかどうかで面白さも変わってくると思います。

基本的には望まずに特殊能力を植え付けられた男の復讐劇なのですが、その根幹には実にピュアなラブストーリーが流れています。

くだらないお喋りが進んでいるように見えて、細かい部分が実は伏線になっているなど、脚本も上手いと思います。

個人的にはクライマックスで流れるワム!「ケアレス・ウィスパー」に涙してしまいました。

今後X-MENシリーズに合流するのか、これまで役に恵まれなかったライアン・レイノルズにとってもようやく手にした当たり役。

負け犬が運命に逆らって立ち上がるワンスアゲイン映画としても快作だと思います。

感想

マーベル作品の中でもデッドプールがキャラクターで一番好きだったのでとても楽しみにしていた作品でした。

オープニングからぶっ飛んだ内容で原作のデッドプールを忠実に再現しているのを感じました。

正義のヒーローではないデッドプールが自分の好きなように大暴れするのがこのキャラクターのウリだと私は思っているのですが、映画内でもそのキャラクターは変わることなく大暴れしており、コミックをそのまま実写にしている作品だと思います。

またデッドプールは第4の壁と言われるコミックの壁を越えて読者に語りかけたりする特殊な表現を行っていることでも有名なのですが、映画内でも第4の壁を越えている表現がされており視聴者に語りかけてくるデッドプールが描かれています。

様々な所に小ネタがちりばめられているのもこの映画の面白い点で、よく見ていたりセリフを聞いていたりマーベル作品を知っていないとわからないのですが、マニアにはうれしいネタが多くそれを探すだけでも楽しめます。

またマーベル作品ですがR-15指定になっているのですが、デッドプールの作品の性質上仕方ないと思います。

R指定のヒーローと言われていましたが、なかなかヒーロー映画でR指定になるものはないですよね。

そこがまたデッドプールの魅力だと私は思います。

下ネタや暴力的な表現はあるものの映画自体は爽快感があり、特に難しいことを考えないでも楽しむことができる作りの映画になっています。

小ネタに関してはマーベル作品を知っていないととは言いましたが、映画自体はマーベルが初めての人でも楽しめる作品です。

是非デッドプールを見てマーベルの世界へ入門してみてはいかがでしょうか。

デッドプールの映画動画をフル無料で視聴できるか?

もう一度、映画「デッドプール」の動画が配信されているサイトをまとめておきます。

映画「デッドプール」の動画を見るなら、

TSUTAYAディスカスauビデオパスU-NEXTがおすすめです。

※ 本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。