ダークタワー 映画フル動画を無料視聴

映画「ダークタワー」のフル動画を無料視聴できるのか?徹底調査してみました。違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴しましょう。

ダークタワー

映画「ダークタワー」のフル動画を視聴できる動画配信サイトを調べて見ました。

違法動画ではなく正規配信の高画質動画サイトのみをご紹介しています。

TSUTAYAディスカス400円
auビデオパス500円
U-NEXT540円
ビデオマーケット432円
dTV400円

※ 本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

まず、分かることは映画「ダークタワー」を配信しているサイトは無いということ。

サイトごとに料金が違いますが、レンタル視聴料金は400円〜540円であることが分かります。

さて、ここでポイントとなるのは初回登録時にボーナスポイントがもらえるサイトがあるということです。

ボーナスポイントがもらえるのは以下の3つのサイトです。

ボーナスポイントがもらえるサイト

さらにどのサービスも登録してから約1ヶ月のあいだ無料で利用できるのです。

つまりTSUTAYAディスカスU-NEXTなら、無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「ダークタワー」のフル動画を合法的に無料で視聴できる

というわけです!

また、auビデオパスも無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「ダークタワー」のフル動画をお得に視聴できる

というわけです!

TSUTAYAディスカス

無料期間:30日
初回登録時に1080ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
動画数:85,000本以上
TSUTAYAのほぼ全ての動画

>> 公式サイトはこちら <<

FODプレミアム

初回1ヶ月無料
月額888円
動画数:1,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

au ビデオパス

無料期間:30日
初回登録時に540コインもらえます。
無料期間終了後:月額562円
動画数:10,000本
au IDをお持ちなら断然オトク

>> 公式サイトはこちら <<

U-NEXT

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら <<

Hulu

無料期間:2週間
無料期間終了後:月額933円
動画数:50,000本

>> 公式サイトはこちら <<

ビデオマーケット

初月無料
無料期間終了後:月額500円 or 980円
毎月540ポイントがもらえます
動画数:160,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

dTV

無料期間:31日
無料期間終了後:月額500円
動画数:120,000本以上
なんといっても料金の安さが特徴!

>> 公式サイトはこちら <<

ダークタワー 映画 動画 無料 視聴

Youtubeでは映画「ダークタワー」の予告動画が無料で視聴できますのでチェックしましょう!

映画『ダークタワー』予告


(SonyPicturesJapan)


映画『ダークタワー』特別映像”Magnum Opus”


(SonyPicturesJapan)


映画『ダークタワー』15秒アクション編


(SonyPicturesJapan)


映画『ダークタワー』スポット【ガンリローデッド編】


(SonyPicturesJapan)


映画『ダークタワー』スポット【タワー編】


(SonyPicturesJapan)

ダークタワー キャスト

監督:ニコライ・アーセル
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
ジェフ・ピンクナー
アナス・トマス・イェンセン
ニコライ・アーセル
原作:スティーヴン・キング『The Dark Tower』
製作会社:MRC
イマジン・エンターテインメント
ウィード・ロード・ピクチャーズ
配給:コロンビア映画
SPE

配役:

ガンスリンガー / ローランド・デスチェイン – イドリス・エルバ(志村知幸)
黒衣の男 / ウォルター – マシュー・マコノヒー(井上和彦)
ジェイク・チェンバーズ – トム・テイラー(村瀬歩)
アラ – クローディア・キム(大津愛理)
ピムリ – フラン・クランツ(手塚ヒロミチ)
ティラナ – アビー・リー(鶏冠井美智子)
セイヤー – ジャッキー・アール・ヘイリー(後藤光祐)
ローリー・チェンバーズ – キャサリン・ウィニック
スティーヴン – デニス・ヘイスバート
ロン – ニコラス・ポーリング
ティミー – マイケル・バルビエリ
ホッチキス医師 – ホセ・ズニーガ

※括弧内は日本語吹替

ダークタワー 映画 感想

感想

スティーブン・キングの名作原作小説を映画化した本作。

ニコライ・アーセル監督は原作小説が7冊もある中、よくぞ90分程でまとめあげました。

原作小説を知っているファンから見ると、まずこの偉業を誉め称えたいです。

見事にストーリーに必要な部分を抜き出してコンパクトにわかりやすく制作する事に成功しています。

「ダークタワー」は、西部劇やファンタジー、SFがごった煮になったようなお子様ランチやロコモコのような、お得感や贅沢感が抜群のストーリーとなっています。

アクションも目を見張るものがあり、視聴すると「満腹感」に満たされること間違いなしとなっています。

この映画は、最初の20分くらいは「不思議な夢」に悩まされていた主人公の少年ジェイクが、その夢の原因であるダークタワーについての知識を得るまでの過程を描くドキドキ感抜群のミステリー的要素を含んだストーリーになっていてドキドキ感を楽しめます。

それ以降は、ワクワク感抜群の完全アクション映画に早変わりとなります。

特に、ジェイクの相棒となる、イドリス・エルバ(映画マイティ・ソーではアスガルドの門番である勇敢な神様ヘイムダルを演じています)演じる拳銃使い「ガンスリンガー」が格好よすぎます。

アクロバティックな動きをして華麗に敵を撃ち倒したり、二丁拳銃というロマン溢れる銃さばきを見せてくれたり、ガスボンベを投げて銃で爆発させたり、銃の跳弾で敵を倒すというロマン技を使ったりと、飽きる暇がないアクションの連続となっており、アクション好きなら間違いなく大興奮できるのでオススメです。

感想

長らく映画化が企画されあげられた監督や主演候補は数知れず。

そしてその壮大な世界観から映画化不可能と言われてきたスティーヴン・キングの代表作、ダークファンタジーシリーズ「ダークタワー」の映画化。

いやー正直ホントに実現できるとは思いませんでした(笑)。

一時はロン・ハワード?(この作品でもアキヴァ・ゴールズマンと制作をつとめています)といわれた監督は「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」のニコライ・アーセル。

長い作品の序章をきれいにまとめています。

主人公タワーを守る最後の拳銃使い(ガンスリンガー)ローランドにイドリス・エルバ。

それまでダニエル・クレイグ、クリスチャン・ベール、ハビエル・バルデム、ヴィゴ・モーテンセンらの名前が挙がっていたこの役を(黒人の)彼が演じることは正直驚きました。

対する圧倒的な悪役、黒衣の男(ウォルター)を演じるのはマシューマコノヒー(トム・ハーディ?と言われたこともアリ!)。

そして少年ジェイクを演じるのは子役のトム・テイラーです。

ここでの一番の見どころは巨大な塔を望む異世界での幽玄なアクション。

特にウォルターと二丁拳銃使いローランドのすさまじい戦いは一瞬たりとも見逃せません。

ジャンキー・XL(トム・ホルケンボルフ)の音楽も印象に残ります。

今後はTVシリーズとしてその後のストーリーが描かれることが計画されているようですが(詳細はまだ未定)、是非続きを早く見たいものです。

ダークタワーの映画動画をフル無料で視聴できるか?

もう一度、映画「ダークタワー」の動画が配信されているサイトをまとめておきます。

映画「ダークタワー」の動画を見るなら、

TSUTAYAディスカスauビデオパスU-NEXTがおすすめです。

※ 本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。