ジオストーム 映画フル動画を無料視聴

映画「ジオストーム」のフル動画を無料視聴できるのか?徹底調査してみました。違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴しましょう。

ジオストーム

映画「ジオストーム」のフル動画を視聴できる動画配信サイトを調べて見ました。

違法動画ではなく正規配信の高画質動画サイトのみをご紹介しています。

TSUTAYAディスカス400円
auビデオパス500円
U-NEXT540円
ビデオマーケット432円
dTV400円

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

まず、分かることは映画「ジオストーム」を無料で配信しているサイトは無いということ。

サイトごとに料金が違いますが、レンタル視聴料金は400円〜540円であることが分かります。

さて、ここでポイントとなるのは初回登録時にボーナスポイントがもらえるサイトがあるということです。

ボーナスポイントがもらえるのは以下の3つのサイトです。

ボーナスポイントがもらえるサイト

さらにどのサービスも登録してから約1ヶ月のあいだ無料で利用できるのです。

つまりTSUTAYAディスカスU-NEXTなら、無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「ジオストーム」のフル動画を合法的に無料で視聴できる

というわけです!

また、auビデオパスも無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「ジオストーム」のフル動画をお得に視聴できる

というわけです!


TSUTAYAディスカス

無料期間:30日
初回登録時に1080ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
動画数:85,000本以上
TSUTAYAのほぼ全ての動画

>> 公式サイトはこちら <<

au ビデオパス

無料期間:30日
初回登録時に540コインもらえます。
無料期間終了後:月額562円
動画数:10,000本
au IDをお持ちなら断然オトク

>> 公式サイトはこちら <<

U-NEXT

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら <<

ビデオマーケット

初月無料
無料期間終了後:月額500円 or 980円
毎月540ポイントがもらえます
動画数:160,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

dTV

無料期間:31日
無料期間終了後:月額500円
動画数:120,000本以上
なんといっても料金の安さが特徴!

>> 公式サイトはこちら <<

ジオストーム 映画 動画 無料 視聴

Youtubeでは映画「ジオストーム」の予告動画が無料で視聴できますのでチェックしましょう!

映画『ジオストーム』本予告


(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)


映画『ジオストーム』ディザスターシーン(東京/日本)


(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)


映画『ジオストーム』ブルゾンちえみ日本語吹替えシーン


(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)


映画『ジオストーム』ディザスターシーン(アフガニスタン)


(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)


映画『ジオストーム』ディザスターシーン(オーランド/アメリカ)


(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)

ジオストーム キャスト

監督:ディーン・デヴリン
脚本:ディーン・デヴリン
ポール・ギヨー
製作:デヴィッド・エリソン
ディーン・デヴリン
ダナ・ゴールドバーグ
製作会社:スカイダンス・メディア
エレクトリック・エンターテインメント
ラットパック・エンターテインメント
配給:ワーナー・ブラザース
スカイダンス・プロダクションズ

配役:

ジェイク・ローソン – ジェラルド・バトラー(上川隆也)
マックス・ローソン – ジム・スタージェス(山本耕史)
サラ・ウィルソン – アビー・コーニッシュ(ブルゾンちえみ)
ウーテ・ファスベンダー – アレクサンドラ・マリア・ララ(田中敦子)
チェン・ロン – ダニエル・ウー(蟹江俊介)
アル・ヘルナンデス – エウヘニオ・デルベス(岩崎正寛)
レイ・デュセット – アムール・ワケド(横島亘)
エニ・アディサ – アデペロ・オデュイエ(木村涼香)
アンドリュー・パルマ – アンディ・ガルシア(内田直哉)
レオナルド・デッコム – エド・ハリス(菅生隆之)
ダンカン・テイラー – ロバート・シーハン(寺島惇太)
トーマス・クロス – リチャード・シフ(仲野裕)
カサンドラ・ジェニングス – メア・ウィニンガム(神田みか)
デイナ – ザジー・ビーツ(朴璐美)
ハンナ・ローソン – タリタ・ベイトマン(潘めぐみ)
ミッキー – ダニエラ・ガルシア(熊谷海麗)
マイク – リッチー・モンゴメリー(間宮康弘)
リコ – デヴィッド・S・リー(さかき孝輔)
カール – ビリー・スローター

※括弧内は日本語吹替

ジオストーム 映画 感想

感想

吹き替えにブルゾンちえみさんが挑戦されるというのをアピールしていた宣伝だけが記憶に残っていたこの作品。

失礼ながら全く興味もなく、当然観るつもりもなかったのですが、知人が観たいというので棚ぼた式に観て「案外面白かった…」ってなりました。

自然災害ものなので、どっかでみたことあるネタだな〜って部分もありましたが、勧善懲悪みたいに不自然なところや出来すぎたところが凄く目立つわけでもなく、地味に良作でした。

まあ、「正義は勝つ!」っていう展開は勿論あるんですが、シビアな部分とのバランスが良かったように思います。

俳優さん達も、わかりやすい「若いイケメン!」とかが出演している訳じゃなかったんですけど、「カッコいいおじさん!」が居るので一定層には響く気がします。

いつの間にかジェラルドバトラーを腕力で解決するキャラ指定していた私は、科学者役に「違うわ、この俳優さんはインテリアだったわ」と思い出すという不届き具合。

「天災だからしょうがない…」ってだけじゃない部分とか案外考えられてるな〜って感心させられましたね。

吹き替えで観賞しましたが、絶賛は出来ないまでも、はじめてでこのレベルなら十分という位にばブルゾンちえみさん、良かったと思います。

共演俳優さんもコメントしていたような記憶がありますが(確かではありません)彼女の声の質か良かったように感じました。

この分野にももっと進出してほしいな…と、期待が膨らんでしまうような嬉しい発見でした。

感想

予備知識もなく予告編だけでなんとなく面白そうと思い見た映画でしたが、予想以上に楽しめました。

地球の気象をコントロールできる人工衛星が開発されるという近未来の設定の中で、その人工衛星がある日突然コントロール不能になって暴走し、世界各地で異常気象や大災害が起こるというパニック系のディザスタームービーかと思っていましたが 、それだけの映画ではありませんでした。

人工衛星はなぜ暴走したのか、隠された陰謀が少しずつ明らかになっていく様子や裏切り者が仲間にいるのか、黒幕は誰なのかといったストーリー展開もハラハラドキドキしてサスペンス要素もしっかりあったのが良かったです。

むしろパニックムービーというよりサスペンスのジャンルに入るのではというくらいで、サスペンス好きな方にもオススメの映画です。

キャスト陣も、ジェラルド・バトラーとジム・スタージェスが演じる兄弟の絆が感じられるところも良かったですし、アンディ・ガルシアやエド・ハリスといったベテラン勢の渋い演技も素晴らしかったです。

個人的には「エンジェルウォーズ」に出演していたアビー・コーニッシュがキャリアウーマン的な役どころから最終的にはカーチェイスまでこなしていたのも好きでした。

映像に関しても、地球規模で大災害が起こるシーンは迫力の映像でしたし、宇宙ステーション内で起きるトラブルもあって主人公が宇宙空間に投げ出されるシーンなども迫力があって良かったです。

全体的にはサスペンスを中心にしたストーリーで裏切り者や黒幕を予想しながらも、迫力のある映像も楽しめて面白かったです。

ジオストームの映画動画をフル無料で視聴できるか?

もう一度、映画「ジオストーム」の動画が配信されているサイトをまとめておきます。

映画「ジオストーム」の動画を見るなら、

TSUTAYAディスカスauビデオパスU-NEXTがおすすめです。

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。