スリービルボード 映画フル動画配信を無料視聴

映画「スリービルボード」のフル配信動画を無料視聴できるのか?徹底調査してみました。違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴しましょう。

スリービルボード

映画「スリービルボード」のフル配信動画を視聴できる動画配信サイトを調べて見ました。

違法動画ではなく正規配信の高画質動画サイトのみをご紹介しています。

TSUTAYAディスカス400円
FODプレミアム400円
auビデオパス500円
U-NEXT432円
ビデオマーケット432円
dTV400円

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

まず、分かることは映画「スリービルボード」を無料で配信しているサイトは無いということ。

サイトごとに料金が違いますが、レンタル視聴料金は400円〜540円であることが分かります。

さて、ここでポイントとなるのは初回登録時にボーナスポイントがもらえるサイトがあるということです。

ボーナスポイントがもらえるのは以下の3つのサイトです。

ボーナスポイントがもらえるサイト

さらにどのサービスも登録してから約1ヶ月のあいだ無料で利用できるのです。

つまりTSUTAYAディスカスU-NEXTなら、無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「スリービルボード」のフル動画を合法的に無料で視聴できる

というわけです!

また、auビデオパスも無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「スリービルボード」のフル動画をお得に視聴できる

というわけです!


TSUTAYAディスカス

無料期間:30日
初回登録時に1080ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
動画数:85,000本以上
TSUTAYAのほぼ全ての動画

>> 公式サイトはこちら <<

FODプレミアム

初回1ヶ月無料
月額888円
動画数:1,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

au ビデオパス

無料期間:30日
初回登録時に540コインもらえます。
無料期間終了後:月額562円
動画数:10,000本
au IDをお持ちなら断然オトク

>> 公式サイトはこちら <<

U-NEXT

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら <<

ビデオマーケット

初月無料
無料期間終了後:月額500円 or 980円
毎月540ポイントがもらえます
動画数:160,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

dTV

無料期間:31日
無料期間終了後:月額500円
動画数:120,000本以上
なんといっても料金の安さが特徴!

>> 公式サイトはこちら <<

スリービルボード 映画 動画 無料 視聴

Youtubeでは映画「スリービルボード」の予告動画が無料で視聴できますのでチェックしましょう!

『スリー・ビルボード』日本版予告編


(フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)


『スリー・ビルボード』日本版予告編


(フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)


『スリー・ビルボード』日本版 新予告編


(フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)

スリービルボード キャスト

監督:マーティン・マクドナー
脚本:マーティン・マクドナー
製作:グレアム・ブロードベント
ピーター・チャーニン
マーティン・マクドナー
配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
20世紀フォックス映画

配役:

ミルドレッド・ヘイズ – フランシス・マクドーマンド
ビル・ウィロビー署長 – ウディ・ハレルソン
チャーリー – ジョン・ホークス
ジェームズ – ピーター・ディンクレイジ
アン・ウィロビー – アビー・コーニッシュ
レッド・ウェルビー – ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
アンジェラ・ヘイズ – キャスリン・ニュートン
ロビー・ヘイズ – ルーカス・ヘッジズ
デニス – アマンダ・ウォーレン
ペネロープ – サマラ・ウィーヴィング
アバークロンビー – クラーク・ピーターズ

スリービルボード 映画 感想

感想

本作のタイトル、「スリー・ビルボード」は三枚の巨大広告看板を意味しています。

主人公の女性・ミルドレッドは、娘を殺害されるという悲しい出来事を経験するのですが、七ヶ月たっても事件の手がかりを掴めない警察に怒りをもち、三枚の広告看板を借りて、そこに警察への抗議文を掲載します。

この事を切っ掛けに様々なトラブルに発展していくのが本作のストーリーとなっています。

本作は「不当な怒りと赦し」がテーマになっているように感じれました。

主人公の女性は本来は娘を殺害した犯人に抱くべき怒りを身近な警察に全力でぶつけます。

そして警察のメインキャラクターとなる警官は、主人公に看板を貸した人物を窓から投げ落としたり、従業員の女性の顔面を殴るなど不当な怒りをぶつけます。

このように、不当な怒りにストーリーが彩られているのです。

そして、ストーリーで「赦し」を司るキャラクターがウィロビー署長です。

彼は仏様のような広い心で怒りを受け止め、赦しを与えるので映画の癒しキャラクターとなっています。

この映画は感情移入しにくいキャラクターばかりです。

ウィロビー署長でさえ聖人君子すぎて感情移入しにくいです。

しかし、不当な怒りで感情のままに行動したらどうなるかを分かりやすく描いてくれるので反面教師としてとても勉強になる映画です。

そして、感情のままに行動するキャラクターはとても人間臭いので、いつの間にか映画にのめり込んでストーリーを追っている状況になります。

感想

映画「スリー・ビルボード」は、ある意味、昔の日本の仁侠映画や実録ヤクザ映画に似た感覚があります。

どういうことかと言うと、観終わったとき、なんだか自分まで強くなったような気がして、ついつい肩で風を切って歩きたくなるんです。少し危険な映画ともいえますね。

それぐらい主役のミルドレッド・ヘイズを演じた、フランシス・マクドーマンドが格好良かったです。まさに男勝りなアウトローです。

西部劇に出てくる、ならず者たちを相手に独りで立ち回るガンマンっぽいです。

実際フランシス・マクドーマンドは、西部劇スターのジョン・ウェインを役作りの参考にしたといいます。

そんな雰囲気がよく出ていたと思います。

ハリウッド映画には、数年に一度この映画のような心意気にあふれた秀作が登場するように思います。

誰の真似事でもなく、演出も脚本も役者も最高の映画を作るんだという気概にあふれています。

ちなみに監督のマーティン・マクドナーは、脚本も書いています。

今回は残念ながらアカデミー賞の作品賞は逃しましたが、ぜひいつかリベンジしてほしいです。

スリービルボードの映画動画をフル無料で視聴できるか?

もう一度、映画「スリービルボード」の動画が配信されているサイトをまとめておきます。

映画「スリービルボード」の動画を見るなら、

TSUTAYAディスカスauビデオパスU-NEXTがおすすめです。

※ 本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。