ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ

第二次世界大戦中、アメリカの青年デズモンド・ドスは、志願して陸軍に入隊しますが、人を殺すための武器を持つことを拒否します。

軍規では「良心的兵役拒否者」という立場は認められているはずなのですが、戦争真っ最中なので、演習でもかたくなに武器を持たないデズモンドは、上官や隊員から激しいいやがらせを受け、除隊を迫られます。

これが本当にひどいのですが、デズモンドはそれでも信念を曲げないのですよね。

軍法会議にかけられて、除隊を強要されそうになっても決してあきらめず、思わぬ助けがあって、晴れて衛生兵として認められます。

希望が叶ったデズモンドですが、これでメデタシメデタシではありません。

戦争中ですから、戦地に赴かなくてはならないワケで。

しかもデズモンドの隊は、アメリカ兵に多くのPTSDを生み出したといわれている、激戦の沖縄へ行くことに。

沖縄の前田高地の断崖を指す「ハクソー・リッジ」とは、「のこぎり崖」という意味なのだそうです。

まるでのこぎりで切り落としたような形状からこのあだ名がついたそうですが、ここを縄梯子で登り、やっと登ったら死をも恐れない日本兵の攻撃が待っているのです。

衛生兵と認められるまでも手に汗握る展開なのですが、戦場シーンもさらに輪をかけて激しくて。

メル・ギブソン氏が監督なので、ある程度の残酷さは覚悟していたのですが……そんな中で、デズモンドが行ったこととは?

この映画の主人公は、実在のモデルがいるそうです。

それを聞いたとき、本当に魂が震えました。

敵とされる日本人が観ても、大いに感動することでしょう。

でも、戦闘シーンはかなり激しいので、そういうのに弱い方は、要注意です!