君の名は。

君の名は。

国内外で幅広い層に大ヒットした、良い意味でのたらればのアニメ映画です。

「たられば」という言葉にはコバカにしたニュアンスも含まれるため使うのは気が引けましたが、この映画の良さは、運命をも変えてしまうという、たらればが叶う設定が良かったのだと思います。

タイトルからして、昔のラジオや映画のすれ違いの恋を彷彿させていますが、物語後半を占めるテーマは3.11の東日本大震災を思い出してしまうところをギリギリかわし、SFファンタジーな方向に持って行ったためか、胸の重くなるような悲惨さを感じることなく、ほっとして映像の美しさを見ていられます。

男性だけでなく女性にとってもこの映画の小道具は、実生活にシンクロすることが多いため、ついついのめり込んでみてしまう事が多いのです。

例えば髪の毛を結ぶ紐ですが、今時紐で蝶結びする女性などまずいません。

たいてい飾り付きゴムのヘアアクセサリーで、この結んだ紐のデザインは、国産・輸入品・100均と広く出回っており、既に持っていた人や映画を見終わってから手にしていた人も多かったはずです。

ドキリとさせられる瞬間です。

また、都内の実際にある街並みや駅名、その周辺を歩く最中に振る雪や雨などの景色に臨場感があり、実写では表現できない意味深な世界観を描いています。

ディズニー映画でも時折そうしたところがあるのですが、日本の作品には、きめ細かい心情が盛り込まれている感じです。

高校・大学・会社など、かつての生活圏がその場にあった人には、懐かしさがこみあげてくるに違いなく、そのあたりが大人向きのアニメと言えます。