7番房の奇跡

7番房の奇跡

韓国映画「7番房の奇跡」は頭で考えるような映画ではなく、心で感じる映画です。

ヒューマンドラマのようで、ヒューマンコメディと言ってもいいくらい笑える場面も出てくるんですが、最後は感動で涙です。

主人公のヨングという男性は知的障害を抱えています。その男性と娘のイェスンという女の子が中心で物語が動いていきます。

「アイ・アム・サム」というショーンペンが出て映画を思い出させました。

ヨングとイェスンは、貧しい生活の中でも明るく楽しく暮らしていました。

そこに、事件が起こります。お父さんのヨングが殺人容疑で逮捕されてしますのです。

もう、これだけで娘が心配になるし、この親子はどうなってしまうの?!とハラハラします。

でも、ヨングというお父さんは刑務所で偶然同じ7番房に入った仲間たちに出会います。

ヨングにとって、この7番房の仲間たちに出会えたこと自体が奇跡なんですが、奇跡はまだこれからです。

ヨングは、懸命に親愛なる娘に会おうとして仲間たちも応援してくれるんです。

お父さんのたった一人の愛娘への深い愛情と、イェスンのお父さんへの気持ちがすごく伝わります。

これだけ見ても、もう早くお父さんを外に出してあげて!娘に会わせてあげて!と思ってしまいます。

でも、ヨングにはまだとても大変な試練が訪れます。

無実であることは確かなのに、最後には娘を思うがあまり、罪を認めてしまうのです。

こんなに仲のいい本当の親子のように見える2人なのに、どうしてこうなるのかと涙をおさえ切れませんでした。

泣ける映画が見たいという方には是非見てほしい映画です。