ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ハリーポッターシリーズが好きなので、同世界観の作品と聞いて気になって映画館に行きました。

ハリーポッターよりも過去の話という情報は得ていたので、魔法界もさぞや混沌としているのだろうと、始まりからハラハラして成り行きを見守っていたのですが、意外にも明るい雰囲気で話が進んでいくのでびっくりしました。

登場人物の年齢層が高めなので、ハリーポッターよりも大人向けという印象はありますが、映像の雰囲気や登場人物の動きはこちらの作品の方がユーモラスで、見ていて面白かったです。

レトロな魔法界の街並みも素敵でしたし、魔法生物はみなチャーミングで魅力がありました。

魔法界の世界観が、ちゃんとリアルに再現されているので、現実にないようなことを言われてもそれほどシュールには感じませんでしたし、本格ファンタジーといった印象で大変良かったです。

役者さんは皆役柄にベストマッチしていて、大げさなアクションをしていても違和感がないのは流石だなと思いました。

シリーズから見てもはじめてお目にかかるキャラクターばかりでしたが、それぞれのキャラが立っているので、直ぐに登場人物を覚えられます。

魔法使いも人間も、揃いも揃ってアクが強く、これぞハリーポッターという感じでした。

まだまだ多くの続編の制作が予定されている、先の長い作品ではありますが、1作目としてはちゃんとエンドマークがついていたので、もやもや感もありません。

ハリーポッターという存在がなくても、新しいシリーズとしてしっかり楽しめる作品でした。