帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー

ナチス・ドイツの時代から現代にタイムスリップしてきたアドルフ・ヒトラー本人が巻き起こす騒動を描いた作品です。

タイムスリップしてきた当初はヒトラー本人も何か何だか分かっておらず、ナチス総統としての立ち振る舞いや発言を公衆の前でやるもんだから「クオリティの高いヒトラーそっくりのコメディアン」として持て囃される光景はとてもコミカルで楽しいです。

ヒトラー本人が大真面目であればあるほど周りが盛り上がるという連鎖反応も笑えますし、特にしかめっ面でパソコンやSNSに挑むヒトラーの姿は何処と無く可愛らしさもあります。

また、過去に作られてたヒトラー映画のパロディも入ってて、元ネタの作品を知ってる方なら「アレをここでやるのか!?」と盛り上がることウケアイだと思います。

SNSやインターネットを通じてコメディアンとしての人気を確立し、更には出演したテレビ番組でも自論を展開し始めるヒトラー。

持ち合わせた言論力とカリスマでドイツ国民の心を我が物としていくヒトラー…ですが。

最後はちょっとブラックと言うか、今の社会について考えさせられる内容です。

最初から笑いっぱなしだった分、ある意味ゾクッとするかもしれません。

ヒトラー自身についての経歴やナチス時代の歴史背景を知らなくても、「ユダヤ人を迫害してた指導者」くらいの前知識でOKですし、足りない部分はストーリー上で補完されるので世界史に詳しくなくても付いていけます。

笑わせる面と社会風刺な面、きっちりエッジが立ってる良作です。