関ケ原

関ケ原

この映画のすごいところは、「関ケ原の戦い」を2時間ほどの映画のなかに上手く納めている事がすごかったですね。

見る前は、戦いのところだけを映像化するのか、そもそも大河ドラマなどでも描かれてきたストーリーをどう伝えるのかというのが気になるところでした。

しかし、見終わった時はいつのまにか映画の中に引き込まれていました。

理由としては、映像も一つですが出演している役者さんの気迫ある演技が見ている視聴者にも伝わるので、いつのまにか感情移入をしながら見ていました。

主人公は石田三成役の岡田准一さんが演じていますが、そこがやはり一番引き込まれる要因だと思います。

岡田准一さんは、数々のドラマ、映画にも出演している名俳優です。

どの作品でも、その人になりきり、苦しみや悲しみを感じながら演じているので見ている方は、いつのまにかとりこになってしまいます。

以前にも大河ドラマで「軍師官兵衛」で黒田官兵衛を演じています。

本当に感動しました。

いろいろな役を経験した岡田准一さんだからこそ表現する事が出来た今回の「石田三成」だと思います。

まわりを固めている俳優陣も大御所から、名わき役の方たちが多数出演しています。

だからこそ、この映画「関ケ原」は唯一無二の作品になったと思います。

この映画を見ると今まで、思っていた「関ケ原の戦い」のイメージが変わると思います。

どちらかというと、岡田准一さんが演じる「石田三成」は良くは今まで描かれていなかった部分があると思います。

それを、今回は主人公にして「関ケ原」を描いています。

見ている人の想像を超えると思います。

この映画はおすすめです。